昭和34年
株式会社港北製菓の鉱油部として、潤滑油の精製加工並びに販売業務に精進して大手石油会社の代理店として取引契約を結び円満な取引を行う。
昭和39年
取引関係が順調に伸び、その設備施設が狭小となり、敷地面積1,000坪へ工場新設の建設許可を受け、新型の機械を整えた工場、研究試験室、貯蔵タンク、屋外貯蔵所等を完成する。
昭和40年
株式会社港北製菓より鉱油部を分離し、従来の業務を引き継ぐと共に、更に業務及び技術刷新を図り、港北油化株式会社を設立する。
昭和49年
産業の発展に伴い、大量に排出される廃棄物処理の為、産業廃棄物の中間処理の許可を受け業務拡張を行う。
   許可番号 横浜市 第56-20-045898号
昭和51年
金属加工油及びコンクリート離型剤部門のブレンド工場を新設すると共に、工場敷地を更に400u拡張し内容の充実を図る。
平成3年
本社事務所を新設、同時に生産性を更に向上させる為、工場内の設備を改善、又、最新機器を導入し特殊油の再生に着手する。
技術部門には多年に亘る技術経験者を揃え、多角的視野にたって、更なる技術刷新を行い、革新しつつある近代機械化産業へ貢献致すべく、全社一体となって努力を重ね現在に至る。
何卒末永くのお引き立てを賜ります様、宜しくお願い申し上げます。
 
事業種類
* 工業用潤滑油委託再生(潤滑油・切削油・焼入油・プレス油・特殊油等)
* 工業用潤滑油の精製及び製造・販売
      油圧作動油・工業用ギアー油
* 金属加工油の製造・販売
      塑性加工油(プレス加工油)・切削油・防錆油等
* 産業廃棄物  (中間処理)
 
設備
・再生工場  1棟
・ブレンド工場  1棟
・貯蔵タンク  6基
・研究機器  1式
 
工場敷地
3,700u